• トップ
  • わかばこども園について
  • ご挨拶・保育目標・保育方針

アイコン1ご挨拶

わかばこども園の子ども達は、四季折々の木々や草花に触れ、広い庭園を駆け回る元気一杯の子ども達です。好きな遊びを気の合う友達とじっくりと楽しみ、様々な遊びを体験していく中で興味や関心を抱き、自ら挑戦する意欲いっぱいな子供へと育っています。 職員同士の連携を深め、周りの先生と保育について語り合い、子ども達の遊びが充実するように戸外や保育室の環境の充実を図り、保育を高めています。「遊びが学び」をモットーに環境を通しての保育を心がけています。
地域に開かれたこども園、地域に愛されるこども園、そして、保護者が安心して預けられるこども園を目指しています。

園長 安田 八重子

アイコン2保育目標

一人一人の個性を大切にしながら、子供のより良い発達を促すことができるような保育を目指しています。乳児保育においては、あたたかい家庭的な雰囲気の中で、存分に思いを受け入れられながら過ごせることを大切にしています。また、園の行事や地域の行事への参加など、たくさんの経験から様々な意味での豊かさを実感できるような保育を目指しています。

アイコン3保育方針

乳幼児期は、生涯にわたる人格形成及び人間関係の基礎を培うための、全面的な発達の助長を図ることを視座においています。そのために、保育者として乳幼児との信頼関係を十分に築き、乳幼児期にふさわしい生活を展開しながら、心身共に調和のとれた「豊かな人間形成」と「生きる力」の基礎を育てます。
時代の変化に対応した子育て支援のあり方を踏まえ、本園の実態と地域環境を考慮し、丈夫な体でやさしい心を持つこどもを育む保育を目指します。

理想とする子ども像